くまおのたれごと

双極性障害Ⅱ型 ADHD 境界性パーソナリティ障害 不眠症 障害者手帳3級の私の名はくまお

なんとなく普通じゃないと思う時。

 

 

私はなんだろうか?

 

色々と考えることがある。

 

 

同年代の人と会話が出来ない。

幼少期はなんとなく孤立してた気がする。

考えていることが上手く言葉にならない。

文字が上手く読めない。(書いてあるものは分かるけど頭に入ってくる時違うものに変換される)

 

浮き沈みが激しいってのは双極だからかなぁと思う。

 

 

なんとなく普通ではないのか?

 

 

診断されてないけどADHDの傾向もあるんではないか?と思い先月長年通ってる精神科の医師に聞いてみた。

 

「ボーダーであるのは間違いないし気分障害(双極性障害Ⅱ型のこと)ですよね、幼少期の頃はどんな感じでしたか?」

 

 

お盆に実家に帰った時に両親に私の幼少期ADHDっぽいとこがあるか聞いてみたら、それっぽいなぁ〜とは感じていたらしい。

 

だけどそれもくまちゃんの個性だと思って病院には行かせなかったよ。と言われた。

 

 

それを医師に話したら

「そしたらADHDの傾向が見られますね。」

 

と言われた。

 

 

( 傾向が見られますね…とは?これって診断が降りたって自己判断していいんかいな? まあ〜ADHDだったとは〜と自己判断したけどね。)

 

 

もやもやと黒くなっていた心が少し晴れた。

少しだけ世界が白くなって周りがキラキラいた。

 

別にADHDでもいいか〜自分の個性だしな。

 

幼少期の頃にこれを私の個性だと理解してくれていた両親に感謝しかなかった。

 

産んでくれてありがとう。

育ててくれてありがとう。

理解してくれてありがとう。

 

今は実家を離れて暮らしているけどやっぱり両親以上に理解してくれる人は周りにいない。

 

やっぱりなんとなく普通じゃないんだな〜私。と考え凹む時もあるけどなんとなく生きていこうかなと思う。

 

多分躁だと思う。