生きることと、死ぬことと、彼氏のこと。

 

昨日は通常より多めにお薬を飲んでしまい15時半くらいまで寝てました。今日がお休みでよかった。明日からまた天気が崩れるみたいで。始まる連勤の初日が雨なのは悲しい気持ちになります。どうも、あいです。

 

私が前、常に考えていた事はどうやったら人は死ねるのか。出来るだけ誰にも迷惑をかけずに死ねる方法は何なのか。(結論出たのは首吊りでした。)まあそんなことも今となっては考えなくなりましたが嫌なことがあったりすると死を考えてしまいます。

 

 

今日テレビ見ていたら北朝鮮の核ミサイルについてのニュースがあっていました。それを見たお母さんは「核がもし落ちてきたら何も痛みも感じずに次の瞬間に人は死んでるんだ」と言っていました。

 

核ミサイルがもし落ちてきたら彼氏にお別れもできずに死んでしまうのか。それは嫌だな。

 

その言葉を聞いて最初に考えた事でした。

 

 

彼氏とは遠距離恋愛なので会おうと思った時に会えません。核ミサイルが落ちてしまったらお別れもなにも言えずにさよならです。

 

辛くなった時、死にたいって思ってる私なのに核ミサイルが落ちることを想像するだけで死にたくないと思ってしまう。今までなんでずっと死にたいって思ってきたのか。私は生きたいのか死にたいのか。どっちなんだ。心の中ではきっと生きたいのであろう。彼氏さんが私の傍に居てくれる限り生きたいのであろう。

 

いつの間にか私の中の生きる糧で彼氏の存在はとても大きいものとなっていました。メンヘラが恋愛をすると依存をしてしまうとか言いますがこれは依存というものなのでしょうか。

 

また書きます。